脱毛をする

レーザーの種類は様々です

美容皮膚科や美容外科といった、医療機関では現在、「医療レーザー脱毛」がポピュラーに行われています。 この脱毛法は名前の通り、レーザーを使い無駄毛を脱毛するのが特徴です。 使用されるレーザーは、黒い色に反応する特殊なものです。 このレーザーを肌に照射すると、その熱が毛根に吸収され、無駄毛を脱毛します。 レーザーの種類にはルビーレーザーや、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーなど、様々な種類があり、どのレーザーで施術を行うかは、クリニックにより変わってきます。 ですが、医療レーザー脱毛の場合、日本人の肌質に合うという事もあり、アレキサンドライトレーザーや、ダイオードレーザーが、多く使われているようです。

クリニックで受けられる脱毛法

美容皮膚科や美容外科といった、医療機関では医療脱毛を受けられます。 医療脱毛には、医療針脱毛と医療レーザー脱毛の2種類がありますが、このち現在は医療レーザー脱毛のみを、行うクリニックが増えているようです。 医療針脱毛は永久脱毛効果もあり、しっかり無駄毛を処理できる脱毛法です。 しかし、毛穴の中に針を差し込むといった、施術を行う為、どうしても強い痛みを感じます。 また無駄毛を1本ずつ脱毛していくので、施術にかかる時間も長めです。 一方、医療レーザー脱毛は肌への負担が少なく、脱毛時の痛みがかなり軽減されています。 また、レーザーを照射するだけなので、広範囲の無駄毛も短時間で脱毛する事が出来るのです。 このように、医療針脱毛には無いメリットがあるという事で、現在では医療レーザー脱毛が、主流となっています。